2019.4.14 at 川崎TEENSPIRITS


数少ない4月のライブ。

曇天模様で向かったのは川崎。


思えば川崎という土地に降り立つのは人生で初めてのことでした。


もりきこ20周年記念ツアーすぺさん打ち上げLIVE。


先日、3月の最後の日に横浜記念会館にてホールワンマンを成功させたもりきこ先輩。

20周年記念ツアーのその先、感謝をという打ち上げLIVEに呼んでいただきました。


お祭りで賑わう町並み。をなるべく避けて笑

遠回りしながら辿りついたTEENSPIRITS。

お洒落!なパブ、バーの奥にステージ。

もりきこらしいお店だなぁと感心(と言うとおこがましいですが)しながら、準備を終え昼過ぎの時間帯という普段よりも早めの設定でのスタート。


まずはもりきこ先輩の素晴らしいオープニングステージから始まりました。

相変わらず最初からぶちかますなぁと尊敬の念。


1番手ということでその後を務めさせていただきました。


ゆったりとスタートして、どんどん加速していくように。

そんな意識で届けたステージ。


はじめましての方もたくさんいたと思います。


それでもステージから見えるみなさんの顔と揺れにとても支えられたステージとなりました。


実はこの日は絶不調で。だから、人ごみを避けたりしてました。

あったかい日と寒い日が交互にきたりしているせいなのか、花粉症なのか。

元々の不摂生人間が規則正しい生活をするようになったせいなのか。

数日間、体調不良に悩まされていて行きの電車もぐったり。


それでも普段と変わらず歌えたのが自分でも奇跡的な感じでした。

やっぱステージにはそんな魔法があるんだなと実感。

体調管理しっかりとします。


その後は圧巻の先輩方のステージをビシバシと浴びて。

中盤ではセッションステージと題した飛び入り参加ステージにも感化され。


最後のもりきこ先輩の最後の曲では大団円。


名曲「ニワトリマン」をみんなで。


DANNYさんにギターを渡され、ソロも振られたのですが全然思ったものが出せず。

普段練習しているやつだったのになぁ。と最後の最後でぶちのめされ、心折られでした。


やはり本番となると違うもの。

日々の積み重ねは大事なのはもちろんのこと、経験がものをいうのだとヒシヒシと感じたのであります。


今回のライブはもちろん、もりきこが作る日というのはもりきこにしかできない日だなといつも感じます。

僕がやろうと思ってもできないし、僕は僕の道を見つけないといけない。


先日、サカナクションの幕張メッセを観て、ジョンメイヤーの武道館を観て。

好きな音楽に打ち震えただけでなく、演者側として素晴らしいなと勉強になることばかりでした。


自分がどんな風に音楽を人間を届けたいのか。

そこに妥協しないで、良いものを確実に届けていくようなそんな道でありたい。


次のライブは4/28の中井友愛教会。

ちょっと試したいことがあるのでチャレンジの日になるかもしれない。

でも、それには練習が必要。

自分の選んだ道を妥協せず。乞うご期待!

4回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.