2020.2.16 at 幡ヶ谷36°5

2月2本目は幡ヶ谷で。

近い日程で東京2本は久しぶりだったかも。


しかし、この日は元々ここに決まっていたわけではなかった日です。


本来であれば昨年の6月開催。だったわけですが、この時は会場の営繕のために延期。


その延期が9月。だったわけですが!

ぴったり台風と被りまして延期に。


飛び越え飛び越え、なんと8ヶ月越しの開催となりました。


こんなことある?笑


笑えちゃうくらい奇跡の1日なわけです。

だけど、変わらない出演者で3度目の正直を迎えられてとても嬉しかったです。


と同時になんとなくハードルが上がっていることにも気が付きました。


8ヶ月もあれば演奏も心も変わっていきます。

あの頃の自分よりも良いものを届けられないといけない。


毎回勝負です。

しかも、今回は諸先輩方を差し置いてのトリ。

押し潰されそうなプレッシャーの中で皆さんの演奏を受け取っていました。


温かくて力強い時間が流れていく中で1日の締めくくりを自分の想いで締めくくる、そんな気持ちでステージに上がりました。






写真は江尻心平さんという方が撮ってくださいました。


また新しいご縁で再会を願い合うような人にまた出会えました。




この日もみんな良い顔してるな。


目の前で同じ時間を抱きしめあってくれたみんなにもとても感謝してます。


また会いましょうはまた会いましょうでは決してなくて。


どんだけ会ったところで満足も納得もしないのだけれど、何があってもやはり会えなくなるというのはとても悲しく、寂しいものだと感じます。


一度でも会ってしまった僕らだからこそ、また会えた時、会える時、強く強く抱きしめあえたら嬉しいです。


2月のライブは残り1本。

長野です。



いつだってこのまま手を繋いで特別な僕らでいたいです。


引き続きよろしくお願いします。

8回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.