2019.9.11 at 豪徳寺leafroom

本来であれば9月のライブは9/8の幡ヶ谷36°5から。

のところでしたが、台風の影響を受け延期に。


というわけで、9月の1本目は豪徳寺leafroomからとなりました。

みんな、良い顔してる。

この顔がこの日を完全に表しています。

ナイスなタイトルでナイスなメンバーが集まった1日。


格さんならではのブッキングがleafroomの醍醐味。

通常ブッキングでも自然とイベント感が出てきてしまう。


その中でもこの日は、全員坂田ギター(というか、坂田さんいる)、山梨に所縁のある出演者。


大好きな、そして、故郷を感じる人たちと一緒に東京で歌えるのを楽しみにしていました。


1番手は健三郎くん。初leafroom。柔らかく歌ってたなぁ。

坂田さんは昨年、一緒にイベントやってたけど、また一段と声が出るようになってたし、どんどん熱量が増してる。


aroさんは覚悟が目に見える、音で聴こえるライブ。

僕は僕の覚悟を。

最後はイワケンさん。

大きく大きく包み込んでくれる歌とライブ。

同世代と歌ったり、年下と歌ったりがやっぱり多いのだけど、こうやって先輩と歌える日もちゃんと大事にしたい。


学ぶということではなく、立ち向かうという意味で。

唸らせていきたいし、イェーイって言わせたい。


まっすぐな自分で。


計らずして9月のライブは少なくなってしまったけれど、ツイキャスにしても何にしても音楽とあなたと共に歩める時間をよりかけがえのない時間に。

7回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.