2019.6.29 at 前橋きしん


6月末の振り返り。


残り2本というところで3月ぶりの前橋へ。

今回は東京からレンタカーを借りて、下道を快走。


途中、雨に降られつつもGoogleマップと会話しながら寂しさを紛らわし、無事に時間通りに到着しました。


久々でドキドキしてたんだけど、きしんの扉を開けると知ってる人がたくさんいて一気に安心しました。


オープニングアクト3組。


思わぬ嬉しい対バンもありました。

僕と群馬を繋いでくれたイベント「音のなる場所、かえる場所」を企画しているがっちゃん。

そして、よーくご一緒させてもらってるあけちゃんからなるユニット。


続けてたらこんな風に面白い再会もあるんだなと改めて感じました。


皆さんの音楽に声に揺れながら、集中を高め出番。

久々にやる曲。からのスタートでかなりドキッとしたけれど、歌っていくうちにゾーンに入っていきました。


そりゃもう汗ビショビショになるくらい。


そういえば3月に来た時にきしんに帽子忘れて、着払いで送ってもらいました、、!

というのも思い出しながら。。


とにもかくにも足元の悪い中、やさしく温かく迎え入れてくれる人たちがいつもいます。


なかなか会えなくても想いを馳せあっている人たち。


大事な人が増えたことをこうやっていつも実感しています。


utataneさんは久々にご一緒のゆうきさん。

とにかくかっこよくて見惚れて揺れてました。

がっつりご一緒したのは初めてかもしれません。

もっと話したかったなぁ。


森香さんは続けてきたことがステージにありのままでした。

かっこいい先輩たちがいすぎて困ります。


最後はみんなで。

今回は弾丸だったのであんまりゆっくりはできないまま、レンタカーで爆走関越道。


途切らさず、でも、無理せず足を運び続けていきたい。


そう思わせてくれるのがきしんです。


繋がってくれてありがとう。また帰ってきますね。

0回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.