2019.5.19 at 甲府DOux CAFE

月をまたいでしまった。。

6月に入りましたが、先月最後のライブのレポートを。


5月の最後は地元山梨は甲府にて。

甲府駅からも歩いていける隠れ家的なカフェであるDOux CAFE。



5月とは思えない気候の中で迎えた当日。

この日は1年越しの再会の日。


ちょうど1年前の日曜日。群馬の雄、葉月那央さんのリリースツアーをDOux CAFEで組ませてもらいました。


出演者は僕と那央さん、松本耕平さん、aroさん、小関峻くん。


そこから1年。

それぞれの旅があって、生活があって、変化があって。を乗り越えて。

まったく同じ場所、同じ日に、同じ出演者でという特別な日が出来上がりました。


今までそういう企画ってしたことなかった気がする。


でも、絶対に良い日になると信じていました。

そして、それ以上に不安もありました。


新しい生活になって、山梨での活動も減り、ストリートも続けているけれど思ったような結果は出ず。


それでも自分で決めたことだから現状の自分でできる限りを尽くそうと。


そして、迎えた当日。

オープンしてから嬉しいサプライズも再会もあって。

すでによかったなという気持ちに。

だからこそ、より燃えていました。


出番も昨年とまったく同じ。


小関峻くん



aroさん



松本耕平さん



葉月那央さん



そして、僕。

そこまでの出演者がこの1年を越えた素晴らしいライブをしていたので、本当に燃えました。


何で歌ってんのか。何が歌いたいのか。


たくさん迷って悩んだりして、心折れそうな日も。

こんな日があるから続けていけるんだと確信に変わりました。


当たり前じゃなく、足を運んでくれたみんな、歌い続けてくれた出演者、そこにあってくれたDOux CAFE、そのすべてに心の底から感謝の日となりました。


走るのは君がいるから、まさにその通り。


ただお客さんに山梨の人がいないというのがやはり課題であり悔しかったこと。

それでも形になったのはあなたのおかげだし、みんなのおかげ。

でもでも、ないがしろにしてはいけないことでもあるなと。




2年前の僕と1年前の僕と今の僕。

全部違って全部同じ。


正解なんかなくていいし、この道を示してかっこよくなっていきます。


6月は僕にとっては魔の月。

何があるか分からない日を当たり前じゃない日を大事に。

あなたと一緒に。


6月も宜しくお願いします。


6月LIVE

15 甲府ハーパーズミル

16 大塚BAR ○

29 前橋きしん

30 豪徳寺leafroom

15回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.