2019.2.3 at 高崎coco.izumi



2月最初のライブは高崎から。


2時間半ちょいの電車の旅。もう慣れたもので新宿から乗り換えなし1本の電車を選び、本を読みながら高崎へ。


本というものは不思議。

ちょうどその時の状況や気持ちなどにリンクする言葉と出会うことが不思議と多い。

そんなライブに向かう上で心に残る大切な言葉を掴み取りながら、無事に到着。


立春の今日もだけど、昨日も春の陽気みたいな温かい気候。


そんな日にぴったりと寄り添うようなイベントが「ほっとRoom」ではないでしょうか。


coco.izumiの駿くん、ゆでたまごんのひでくんが大切に続けているイベント。

もうすぐ4年だって。毎月第1日曜に続けてきて。すげー!


いつもとても大事に気持ちよく誘ってくれて。

大事に歌いにいきたいと思わせてくれる。

やっぱ人だと改めて思わせてくれる人。ひでくん。いつもありがとうね。


出番はジャンケンで最後になってしましました。

まぁ、どんな順番でもいんですけど、最初は3番手だったのに。。笑

市川優希先生の声かけにより再度ジャンケン。

勝った人が最後を務めるとのことで、無敵の藤原が最後になったわけです。


駿くんから始まり。


「ほっとRoom」のテーマソングを2人で披露したり。


そして、最後。

ほとんど歌わない古い曲から一番新しい曲まで。

ちゃんとその日1日を掴み取っていくようなライブができはず。

足利グリムカフェ以来の2週間ぶりのライブ。

久々にこんなに間が空いたような気がします。

日々、ライブが詰まっていてももちろん集中して全力を尽くすに徹していますが、またこれまでとは違った緊張感でライブに臨むことができているように感じました。


そして、この日は節分。たまたま?福豆を持っていたので、終演後はみんなで豆まきをしました。

この季節にしかないことをみんなで共有できるってのはとても素晴らしい。


で、希仁で打ち上げて、オカンに「行ってきます」して帰路へ。

帰りの電車では、ご婦人に「ステキなキャリーケースね」と声を掛けられて嬉しい帰り道でした。


無事に帰宅して、寝床でSNSをチェックしていたら訃報が。

昔お世話になった人。「さよならブルー」を好きだと言ってくれていた人。

今では疎遠になっていたし、決してみんなから愛されていたわけではないだろうけど、その破天荒さでいろんな逸話と共に話題にあがる人でした。

それだけ残してきたものが多かったんだと思う。

そんなことを考えていたら夜は眠れなくなってしまった。


急な訃報が最近立て続いた。

明日は我が身かなとも考えたりする時もある。このまま朝起きなかったらって。

でも、ずっとそう考えてきたからそんな歌を作って歌って飛び回っているんだと思う。

絶対に後悔しないようにって。


次のライブは2/8。

お世話になっている豪徳寺leafroomの3周年当日。

諸先輩方に混じって盛大に祝います。

会えますように。


☆2/8(金)

「leaf room豪徳寺3周年」


■時間

OPEN 18:30 / START 19:00

■場所

豪徳寺leafroom

■チケット

¥3,500+オーダー

※生ビール・ハイボールは謝恩価格の300円

■出演

優理/カトウマサタカ/有田健太郎/渡邉康利/藤原右裕

0回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.