2019.2.15 at 北参道ストロボカフェ

2月最後のライブは北参道ストロボカフェでした。



何回か対バンしていたり、先日、ストロボカフェ新年会で飲んで話せるようになったモリタケルくんはインフルでキャンセル。残念。


まだまだ猛威を振るっていますね。。気をつけねば。。こわい。。


ストロボカフェは上京当時からお世話になっているライブハウスであり、この日の対バン、おぐまばくさんの遡り戦術から自分も遡ってみたところ2011年5月が初めての出演だった模様。


うわぁ、、若い。


こうやって遡れるのも地道にブログを書いていたからだなと思います。

この頃はまだそんなにツイッターもフェイスブックも普及していなかったような気がします。

多分、やっと始めてちょっと経ったくらい。


呟くようにブログを更新していた記憶があります。

ストリートの予定や、当日の場所、時間変更など、そういうのもブログでしてた。


今となってはブログはこうやって長文用だし、ライブレポートや伝えたい思いが溢れた時用になっています。

スマホが全盛になって、長文をスマホで読むっていうのもあんまり嫌な人も多いかもしれない。

適切なレイアウトが必要で、もっとこのブログも見やすかったらなって思います。

見やすいとか見にくいとか意見くださいね。


この日の出番はトリ前。


何を歌おうか本当に迷うんだけど、ライブハウスの人にさすがと言ってもらえるような出来でよかった。。

そして、ちゃんと来てくれた人、目の前にいてくれる人に届けたい歌をチョイスできて、受け取ってもらえたように感じています。


ライブの本数が減った分、自分が思っていた以上に1本1本に対する集中力が今まで以上に高まっているのかもしれません。

今までも後はないと思いながらだったけど、今は後がないとか関係なく、その一瞬をどれだけ大事にしたいか、できるかの勝負ができているんだと思います。


受け止めてくれて本当にありがとう。


それだけ音楽活動そのものが大事なものになっている。

でも、これは来てくれる人にとっは当たり前のことだし、応援してくれる人にとっても当たり前のこと。

時間もお金も想いも費やしてくれる分、同じ気持ちで戦わないと。改めて再確認です。


そんな大事な音楽。もっと大事にしたいと考えています。


これは皮肉とか批判とかではないんだけど、僕自身のスタンスの問題で。

ありがたいことにライブのお誘いは各所からいただきます。

そんな時に必ず入ってくる言葉が「ぜひ」「どうしても」。


僕はこの言葉の意味は「どうあっても」だと捉えています。

何が何でも、是が非でも。


時にその言葉と内容が行動が伴わないお誘いもあります。

気心の知れた仲間や先輩、後輩であれば自分の性格や音楽、活動を理解してくれている上でなのでいいいんですが。。


しかし、ちゃんと僕を選んでくれた理由や、このイベントをこうしたい、一緒に作っていきたい、そんな想いを伝えてくれる人もいます。

本当にありがたいし、気持ちに応えたいと思う。この部分もライブと同じ。


そういう人が傍にいてくれて良かったなと感じています。

これからも簡単にはしないで、大事に活動していこうと思えた瞬間。


そんなこんなで大事な人たちと大事なライブも決まりました。



5/19(日)甲府のDOux CAFEです。久々の企画になります。

1年前にも同じ場所で同じメンバーで企画しました。また那央さんがツアーに周るということで今回も山梨を。


再会の日にするのはもちろん、それぞれの道をひた走る人たちがこの交差点でどんな出会い方をするのか見てほしいです。

僕自身もまた勝負の日。


どんな日々でも地元を想ってきたし、今も想っています。地味で地道かもしれないけど刻み付けていきたい。

まだまだこれからだと思うから。


ぜひよろしくお願いします。

14回の閲覧

© 2019 by YUSUKE FUJIHARA.